お料理が楽しくなるヒント 料理の途中手順を徹底解説! 牛乳を使ってきほんをマスター

カッテージチーズ 酢以外にかんきつ類の果汁でも作れます。

温めた牛乳に酢を加えることで分離し、カッテージチーズになります。熟成させないタイプのチーズの一種ですが、良質なたんぱく質とカルシウム豊富なヘルシー食品として人気があります。挽肉料理などにつなぎで混ぜ込むと食感がフンワリと柔らかく仕上がります。
分離したあとの水分はホエー(乳清)と呼ばれ、栄養が含まれています。酸味も気にならない程度なので、捨ててしまわずに、炊飯やスープなどに活用しましょう。

カッテージチーズ 酢以外にかんきつ類の果汁でも作れます。

材料

牛乳
1000ml
大さじ4

おすすめレシピはこちら

作り方

  • カッテージチーズの作り方
    酢と牛乳が分離してきます。

    1.鍋に牛乳を入れ、かき混ぜながら約60℃(指を1~2秒入れられるくらいの熱さ)に温めます。

  • カッテージチーズの作り方
    こしてしばらく置いた状態です。

    2.分量の酢を加えて、手早く全体を混ぜ、そのまま置きます。しばらくするともろもろした豆腐のような固形分とやや黄色がかった水分に分離してきます。

  • カッテージチーズの作り方
    カッテージチーズのできあがり。

    3.ボウルの上に清潔なふきんやキッチンペーパーなどを敷いたざるをセットし、固形分をこし取ります。

・牛乳を温める温度が50℃以下だと、こすのに時間がかかります。
・酢で作ったカッテージチーズが固めに仕上がるのに比べ、かんきつ類の果汁で作ったものは仕上がりがよりきめ細かく、なめらかな口当たりになります。

このページのトップへ