親子でたのしく 明治デイリーズレシピ

Menu

とろとろスクランブルエッグのカナッペ

澄ましバターを使って焦げにくくやわらかい仕上がりに。
とろとろスクランブルエッグのカナッペ
使用した食材カテゴリーは
  • 生クリーム
  • バター・マーガリン

栄養価/1人分

エネルギー 254kcal
たんぱく質 7.4g
カルシウム 35mg
食塩相当量 1.0g
調理時間 25分

レシピの読み方

材料(4人分)

3個
明治北海道十勝純乳脂45
大さじ2
小さじ1/4
白こしょう
少々
*澄ましバター
明治北海道バター
40g
*クルトン
サンドイッチ用食パン
4枚
明治チューブでバター1/3
15g
セルフィーユ
適宜

レシピの読み方

作り方

下準備

オーブンは180℃に温めておきます。

  • 1)澄ましバターを作ります。ボウルにバターを入れて40~50℃の湯せんにし、溶けたら湯せんからはずしてしばらく置くと白い泡、黄色い澄んだ液体、白い沈殿物の三層に分かれます。表面の泡は取り除き、三層目の白い沈殿物が入らないよう注意しながら、二層目の澄んだ黄色い部分をスプーンで丁寧にすくいとっておきます。
  • 2)クルトンを作ります。パンの耳がついている場合は落とし、パンの両面にチューブでバターを塗って、1枚を十字に4つに切ります。天板を取り出して並べ、焼き色が薄くついてカリッとするように10分ほど焼きます。
  • 3)スクランブルエッグを作ります。ボウルに卵を割り入れ、クリームと塩、こしょうを加えてよく混ぜます。フライパンを火にかけ、1)の澄ましバターを熱したら卵液を流し入れて、弱火で絶えず混ぜながら火を通します。全体が半熟でとろとろしてきたら、すぐにボウルに移して余熱で火が入らないようにします。
  • 4)2)のクルトンに3)をのせて、セルフィーユを飾ります。
調理のポイント
  • バターを静かに加熱すると、バターの水溶成分と乳脂肪が分離して三層になります。二層目は純度の高い乳脂肪の層で、これが澄ましバターと呼ばれる部分です。
  • 澄ましバターは、バターのうまみや風味はそのままで焦げ色がつきにくくなります。一度にたくさん作っておいて、冷蔵庫などで保存しておいてもよいでしょう。
  • また、澄ましバターを作る際にできる三層目の白い沈殿物はタンパク質などの成分です。砂糖で甘みをつけてパンに塗ったり、料理の風味付けに使いましょう。

TOP