明治食育

親子でたのしく 明治デイリーズレシピ

Menu

小松菜とチーズの焼き餃子

小松菜とチーズでカルシウム補給に。成長期のお子さまにもおすすめです。
小松菜とチーズの焼き餃子
使用した食材カテゴリーは
  • チーズ
  • たねに味がついているので、そのままでもおいしく召し上がれます

栄養価/1人分

エネルギー 297kcal
たんぱく質 16.4g
カルシウム 204mg
食塩相当量 1.6g
調理時間 40分

レシピの読み方

材料(4人分)

濃厚チェダー
8個
豚ひき肉
200g
小松菜
100g
長ねぎ
1本(50g)
しょうが
1かけ
*A
顆粒鶏がらスープの素
小さじ1
大さじ2
小さじ1/4
こしょう
少々
餃子の皮
20枚
サラダ油
大さじ1

レシピの読み方

作り方

  • 1) チーズは4等分に切ります。小松菜は5mm幅に切って塩(分量外)をふり、しんなりしたら水気を絞ります。長ねぎはみじん切り、しょうがはすりおろします。
  • 2) ボウルに豚ひき肉とAを入れてよく混ぜます。粘りが出たら小松菜、長ねぎ、しょうがを加えて混ぜ、20等分します。
  • 3) 2)とチーズを餃子の皮の中央にのせ、皮のふちに水をつけて包みます。同様にして20個作ります。
  • 4) フライパンにサラダ油を熱して3)を並べます。餃子の高さの半分になるまで湯(分量外)を注ぎ、蓋をして中火で蒸し焼きにします。水分が無くなったら蓋を取り、焼き色がついたら、その面を上にして盛り付けます。
調理のポイント
  • 作り方4)で湯を入れるとフライパンの温度が下がらず、すぐに水分が蒸発するので水っぽくならずパリッと焼きあがります。

TOP